病気あれこれ病気について

B型肝炎ワクチン定期接種について (2016/04/01)

 本年10月1日から定期接種になります。概要は以下の通りです。
 対象年齢:平成28年4月以降生まれで生後1歳に至るまで(誕生日前日まで)
 接種方法:4週間以上の間隔で2回、1回目から140日(20週)以上の間隔で1回(合計3回)
 標準的な接種時期:生後2か月、3か月、7~8か月

 1)平成28年4月~7月生まれの人
1回目の接種が標準的な接種時期よりも遅くなります。1歳の誕生日前までに3回の接種を終えなければいけませんので、10月になったら速やかに接種を開始してください。例えば4月1日生まれの場合、1回目を10月3日(月)に接種すると、2回目は10月31日(月)以降に接種できます。3回目は1回目から140日以上ですので、平成29年2月20日(月)以降になります。1歳の誕生日前まで(3月中)が接種対象期間ですのであまり余裕はありません。1回目の接種が遅くなると3回目の接種時期が後ろへずれ込みますので余裕をもって早めに開始してください。

 2)対象年齢の人が10月以前に接種をした場合
  9月までの接種は任意接種扱い(有料)になります。その場合でも10月以降の接種は定期接種になります(無料)。合計接種回数は3回ですので、残りの回数(任意接種で2回接種済みの場合は1回)を受けることになります。

前の記事は「後発医薬品処方について」です。

次の記事は「帯状疱疹予防ワクチン」です。