病気あれこれ病気について

ペリアクチンについて (2016/01/16)

 ぺリアクチンは上気道炎(いわゆる風邪)薬として古くから使用されています。私が医師になった40年前から(もっと以前から)今も咳にはアスべリン、痰にはムコダイン(カルボシステイン)、鼻水にはペリアクチンが定番で、現在も多くの市販感冒薬に含まれています。また1971年~1996年は効能効果に食欲増進・体重減少の改善(食欲増進作用)なども記載され、小児科ではとても馴染みの深い薬です(現在は効能が削除されている)。しかし最近上気道炎に対するペリアクチン使用を控える医療機関が増えつつあります。ペリアクチンは第1世代の抗ヒスタミン薬(他にポララミンやアタラックス)で上気道炎に伴うくしゃみ・鼻水に効果が認められていますが、脳への移行が高いため眠気や集中力、判断力、作業効率の低下などの鎮静作用が強く日常生活に影響を与えることがあります(特に成人で)。また小児では神経系が発達段階であるため熱性けいれんを誘発しやすいとの指摘もあり、小児神経学を専門にしている小児科医は処方を嫌う傾向があります。また諸外国では鼻水止めとして使用されることはほとんどありません。当院でも過去に熱性けいれんを起こしたことある子に対しては処方を控えていました。また鼻水を抑える効果はありますが鼻づまりには効果はあまり期待できません。気道の粘液分泌を低下させるため痰が硬くなり出にくくなるともいわれています。
 その後に開発された第2世代抗ヒスタミン薬はどうでしょうか。ザジテン、セルテクトはかなり眠気がありますが、乳幼児でよく使用されるザイザル、アレロック、ジルテック(セチリジン)、アレジオン(エピナスチン)などは脳への影響は軽微とされています。しかしこれら第2世代抗ヒスタミン薬の効能効果は、アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴う掻痒(かゆみ)です。上気道炎と思われる病態に対してしばしばザイザルなどが処方されているようですが保険診療上は処方できません。従って当院では上気道炎の鼻水に対してこれらの薬は処方していません。蛇足ですが、シングレア、キプレス、オノン(プランルカスト)などは気管支喘息に対して使用される薬ですので、喘息以外の病気での喘鳴(ゼーゼー)に対しては処方できません。喘息の説明なしに処方されている例が多いようです。
 以上のことから、ペリアクチンはずっと昔から慣れ親しんだ薬ではありますが、今後は極力処方を控えようと考えています(上気道炎に使える抗ヒスタミン薬はペリアクチンのみなので必要があれば、または希望があれば処方します)。私の認識が正しければ秋田市内、大学病院を含む5総合病院の小児科でペリアクチンを処方する病院は2つです。鼻水は止めるのではなくムコダイン(カルボシステイン)で出しやすくし、鼻をうまくかめない年齢では家庭で、或いは病院で鼻水を吸ってあげる様にします。鼻づまりに対しては漢方薬もよく効きます。数年前から時々考えていたことですが、やっと実行してみる決心をしました。ペリアクチンを使用しないことによる不都合が出てくれば再度検討します。尚、インターネットでもペリアクチンに関する情報は得られますので参考にしてみてください。

前の記事は「B型肝炎ワクチン接種についてのお願い」です。

次の記事は「後発医薬品処方について」です。