病気あれこれ病気について

ヒブワクチン追加免疫接種時期の変更 (2013/01/14)

 ヒブワクチン追加免疫接種時期が早まりました。
 今までは追加接種は初回接種3回終了後おおむね1年後が接種時期でしたが、7~13か月後に変更になりました。例えば平成25年1月15日に初回接種3回目を接種した人は、追加接種は平成25年8月15日~平成26年2月14日が標準的な接種時期ということになります。
 初回接種から1年が経つと一部で髄膜炎を予防できないレベルまで抗体(免疫)が低下することがあり、乳幼児期のヒブによる髄膜炎を確実に予防するために取られた変更です。なるべく早めに追加接種を行ってください。

前の記事は「不活化ポリオ追加免疫接種」です。

次の記事は「B型肝炎ワクチン接種について」です。