病気あれこれ病気について

ポリオ予防接種について (2012/05/04)

 今年9月1日から不活化ポリオワクチン接種が、11月には4種混合ワクチン(従来の3種混合に不活化ポリオを加えたもの)接種が始まる予定です。現時点で分かっていることや予想されることは以下の通りです。基本的に4回皮下接種、接種間隔は現行の3種混合ワクチンと同じです。すでに生ワクチン接種を2回終えている人は対象外です(終了とみなします)。

 1)3種混合ワクチン接種を1回でもしている人は不活化ポリオワクチンを接種します。
 ①ポリオ生ワクチン接種をしていない人は不活化ポリオを4回接種(3~8週間の間隔で3回、4回目は3回目から1年から1年半後)。
 ②ポリオ生ワクチン接種を1回している人は不活化ポリオを3回接種(生ワクチン接種から2ヶ月以降に開始、3~8週間の間隔で2回、3回目は2回目から1年から1年半後)。
当院で不活化ワクチン接種を行っている人は、9月以降は定期接種扱いとなり無料での接種となります。2回目と3回目の間隔は8週以上空いても構いません(米国の接種法では3回目は2回目の2~16ヵ月後です)。

 2)3種混合、ポリオワクチンともに未接種の人は11月から4種混合ワクチン接種を受けることになります。接種法は3~8週間の間隔で3回、4回目は3回目から1年から1年半後の予定です。

 諸外国では最終の接種年齢は免疫効果を長期間持続させるため早くても4歳以降です。日本でも開始までにもう少し議論や変更などあるかもしれません。新たな情報、変更などが入り次第お知らせします。


前の記事は「インフルエンザワクチン接種開始のお知らせ」です。

次の記事は「ジェネリック医薬品」です。